まちだしはいつも晴れのちグゥ

シュールなもこもこうさぎのグゥと親バカのほのぼのドタバタな毎日をお届けします♪
グゥのイラストや絵画、依頼があればペットの絵も描かせていただきたいと思っています。たまにグゥとの出来事のまんがをかきます

うっ帯で深夜救急診察へ

お久しぶりです。
期間が空いてしまい見ていてくださった方には大変申し訳ないです。
ツイッターの方では比較的活発に活動しておりますので、見ていただければ幸いです






昨日バイトから帰るとグゥさんがトイレにうずくまり、目を開けるのもしんどそうな様子でご飯も食べず。
今までになく危険な様子で死ぬかと思いました。



はじめは冷静に、とにかくお水を強制的にシリンジで与えつつ今の時間見てもらえる病院をダイヤル。


が、一件目。古淵の相模原救急動物病院。


うさぎを見れる先生なし。プリモ動物病院を紹介されるも先生なし。
手が震えてうまくダイヤルを回せないほどにだんだんと焦りと不安が。



次に紹介された相模原のハート動物病院。



車で40分ほど。



タクシーを待つのに10分ほど。






その間ペットボトルにお湯を入れタオルで巻いた簡易湯たんぽを作成。




手は震えるしグゥを失う恐怖で涙が溢れます。



お腹痛いね。私が帰るまで一人で心細かったろう。



タクシーが着くとキャリーに入ってもらい、湯たんぽで体、耳を暖めながら移動。




タクシーに乗るとグゥさんはモゾモゾ動いたり、キャリーの外への興味を示す動きをしていたので少し安心。



この時は九時ごろでした。



車内から母へ連絡。




親切な女性の運転手さんは焦る私の話を聞いて下さり、心配してくださいました。






病院へつくと他には患者さんがおらず先生も一人。



早速診察が始まりました。








まず、うさぎはストレスやショックに弱いので診察中になくなる可能性、治療によるショックでなくなる可能性の説明された紙にサイン。




「注射や点滴はやったことないのですが、すごく病院を嫌がる子でストレスにも弱いのですが大丈夫でしょうか。」



と心配になり質問。


獣医師さんは「注射の感覚はわからないくらい殆どありません。投薬よりもストレスがかからないです」



とのこと。



言葉を信じてみることにしました。




触診、足の裏のチェック、歯のチェック、目のチェック。




「首をあげて興味を示したり、動けるくらいなので、今夜危ないとかいう状況では無いです」とのこと。




ほっ、




いやいや、油断大敵。





保定が上手で、うさぎの扱いにもなれたうさぎ飼いの先生でしたので、グゥさんも今までになくお利口にしてくれました。





毛で繋がった糞が出ていたこと、形が不揃いだったこと。水を飲む量が数日前から増えたこと。換毛が急に始まったことを踏まえ毛玉除去薬剤の投与、流動食、明細書に詳しいことが書かれていませんが、お薬の投与(色的にガス消しのお薬の感じでしょうか……)



混合注射。





本当にお利口で以前別の先生が与えたお薬や流動食は殆どぼとぼとこぼしたのですが、今回は全て食べてくれました。



人の好き嫌いが激しいグゥさんやっぱり人によるのかもしれません。



注射もピクリともせず、何をされてるのかわかってない様子でした。





そのうちぽろぽろと形が不揃いなうんちが出始め。





家に帰ると食欲が出たのか水菜を食べてから夕飯のペレットも食べてくれました。



明日も見たいので来てくださいとのことで、本日も行ってまいりました。




念押して混合注射。





タクシー代が1日目往復で一万円少し。


病院代が1万1千800円。


本日4000円ほど




2日目行きのタクシー代が道が混んでるのもあり深夜割増料金よりかかりまして、7000円となりました。


距離優先で。と一言いえばよかった……


帰りは5千円ほど。



という訳で、2日で4万円ほどなくなった訳です。



一人暮らしで車がないとなると、これくらいお金がかかるんですよ〜って事です。





グゥさんのもしもの時のために常に2万円は家に置いているのですが、普段現金をあまり持ち歩かない私が今回は運良く手持ちに4万円ほどあったので支払いはできました。






タクシーや病院では少し元気になったグゥさん。



「結構病院に行くとケロッとしたりすることがあるんです…」と言うと



「家ではリラックスしているので、症状が出やすいです。知らない場所だと生存本能で見える症状が軽くなったりします」



とのこと。




おうちでリラックスしてくれているんですね。よかった。




先生が「かかと綺麗ですね。全然赤くなってないし、」と言いましたが、そうなんです。グゥさん足の裏がとっても綺麗。



おトイレ上手でスプレー行為もしないしふわふわの長い毛が生えていたり、ケージの床が比較的足に優しい作りなので足裏の負担も少ないのかな。






今までの病院はすごく暴れて「暴れるねぇ〜〜頑固頑固」と言われ続けたグゥさんですが、今回ははじめて




「比較的お利口さんに大人しくしてる方の子ですよ」とのこと。



先生もすぐに抱っこして触診したりせず、必ずスキンシップと声掛けをしてから保定や抱っこをする方でした。




今までになくとても丁寧で信頼感がありました。



ハート動物病院さんは担当医制とありましたので、丁寧にしっかり見ていただけます。




お医者さんって話を聞いてくれなかったり、遮ったりする人多いのですが、その感じはあまりありませんでした。



本当に助かりました……





久しぶりの更新なので、溜まった画像を載せたいと思います





ぬいぐるみ×2







計量カップに頭をつっこむ。食欲旺盛。
病院に行く一日前です。




足の裏を見せるセクシーショット




友人にペットシッターしてもらった時のグゥ。超絶不機嫌







仲良しのチーズとベッドで添い寝







虚無の表情






激カワなグゥさん。



たまこはまだあなたを手放す気はありません。



いくらかかっても、あなたと幸せで楽しい健康な時間を守りたいです。





グゥさんのいい所は「痛いよぅ」と
すぐ言ってくれること。



これからも我慢しないで、すぐに教えて欲しいな。